ブログ

胆嚢について

皆さんこんにちは🐻

一般社団法人日本内臓ヨガ協会代表理事のクマ臓こと中村です🐻

今日は内臓の中の

胆のう

について書きたいと思います。

胆のうの場所は、肝臓の真下にちょこんと隠れています。

紫色が肝臓で緑色の丸が胆のうです。

肝臓について

鎖骨の真ん中から真っ直ぐ下で、ちょうど肋骨と交わる場所が胆のうになります。

少しお腹の方に手を入れると触れますが、あまり強くやると痛いので優しく触りましょう!

 

胆のうの役割はズバリ

胆汁をためておくだけ!!

です。

だけって言い方が失礼ですが(笑)

ちなみに胆汁を作るのは肝臓です。

胆のうは肝臓で作った胆汁をためておきます。

ちなみに胆汁の役割は

脂肪の消化・吸収を助けてくれます。

この、脂肪の消化・吸収を助けてくれる役割はとても大事です。

私達の体は60~80兆個の細胞のかたまりで出来ています。

イメージしにくいですが、ぷよぷよみたいなやつの集合体です。

                       http://puyo.sega.jp/portal/index.htmlより引用

 

こんなぷよぷよが60~80兆個集まったのが、私達の体だと思ってください。

そして、そのぷよぷよ1個1個の外枠は実は大部分が脂で出来ています。

                    https://kotobank.jp/word/細胞-68215より引用

脂質と聞くと太るとか、あまりいいイメージはないと思いますが、体を作る構成成分としては脂はとても重要な栄養素になります。

その脂質を消化して吸収するには胆汁が必要になります。

胆汁がせき止められると体が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が出ますが、それ以外にも胆のうの機能が落ちてくると

✅油物が苦手

✅下痢や便秘などの大腸の問題

✅左目、左鼻腔のトラブル

✅右肩甲骨内側のコリ、痛み

✅疲れがとれない(休むと取れるが長く続かない)

✅婦人科のトラブル

などが出てきます。

大事な事は自分の体のわずかな声に耳を傾け向き合う事です。

もし自分の体と向き合う事が難しい、向き合い方がわからない人はお気軽にご連絡ください(*^_^*)

※私が提供しているサービスは健康アドバイスの範囲内になり、

医療行為ではありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事 最近の記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 膵臓について

    2019.03.27

  2. 胃について

    2019.03.24

  3. 胆嚢について

    2019.02.20

  4. 肝臓について

    2019.01.19

PAGE TOP